スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮魚の基本 卑弥呼

煮魚の基本 卑弥呼
625-0036
京都府舞鶴市字浜166
活き魚料理店,魚料理店,鍋料理店,日本料理店
地産地消
0773-64-4488
煮魚の基本
魚料理の中でも苦手意識を持っている人が多いのが、「煮魚」でしょう。魚を調味液で煮るというものや、佃煮風に煮詰めるものなど、白いご飯にぴったりの魚料理です。おいしい煮魚を作るコツをご紹介します。
1.調理器具なべ両手なべで口の広いものがいいでしょう。魚が重ならずに並べられるものが好ましいです。また、煮方によってなべは、平なべや深なべを使い分けます。長時間煮込むような佃煮類には、厚手のなべが適しています。熱が均等に伝わり、焦げ付きません。
おとしぶた煮汁の蒸発を調整し、煮汁を均等にいきわたらせるのに活躍するのが、おとしぶたです。材料の煮崩れを防ぐ役割もあります。おとしぶたにもいろいろありますが、材料は木がいちばん軽くていいでしょう。
あさも
629-3113
京都府京丹後市字網野77-1
かに料理店,鍋料理店,日本料理店
0772-72-5655

入船
626-0016
京都府宮津市字新浜1951
一品料理店,飲食店,家庭料理店,魚料理店
0772-22-0664

大江山あまごの里
620-0321
京都府福知山市大江町佛性寺86
魚料理店,炭火・七厘焼料理店
0773-56-1650

京都ホテル事業(株)
606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町149-3
飲食店,懐石料理店,食堂,日本料理店,ふぐ料理店
075-771-0234

札幌かに家京都店
605-0074
京都府京都市東山区東大路祇園石段下南
飲食店,かに料理店
075-541-1110

たらふく綾部店
623-0016
京都府綾部市西町2丁目94
活き魚料理店,飲食店,割ぽう料理店,料理仕出し
0120-007452

木ぶたがない場合は、平皿を載せたり、紙ぶたでも代用できます。大きさは、魚をなべに入れて、周りに約1.5センチの隙間がある程度が程良いでしょう。おとしぶたの使い方のコツ・・・おとしぶたは水に濡らして使います。魚がふたにくっついてしまうのを防ぎます。
煮汁魚の種類や大きさによって、煮汁の量を加減します。多すぎると魚全体が煮汁をかぶってしみこみすぎます。基本的には調味料と水で煮汁を作りますが、水を酒に変えると、ぐんと風味が増します。また、水の代わりにだし汁にすると冷凍の魚でも美味しくめしあがっていただけるでしょう。
火加減と煮かた1.なべに煮汁だけを入れ、強火で煮立たせます。2.魚を入れてからは中火にします。3.魚全体に煮汁をかけてから落としぶたをします。4.煮汁が半量になるまで煮詰めてできあがりです。






スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。